研修イベント

イベント開催日順(降順)に終了した記事も含め表示しています。

租税法の連続基礎講座 開催のお知らせ

研究部

開催日 2022/04/01

税理士の業務範囲は会計ソフトなどの発達・進化により狭まってきており、税理士の会計業務の多くは「道具(の発達・進化)」に取って代わられる運命にあります。 その理由は、税理士の行っている会計業務の多くは軽度の判断業務ゆえに「道具」がとって代わることができるからです。 では、「道具」が取って代わることのできない税理士の業務には何があるのだろうか。 それは高度な専門知識と高度な判断能力を必要とする分野です…

第2回 税法判例研究会開催のお知らせ

研究部

開催日 2022/03/24

皆様、こんにちは。東京青税研究部では租税判例百選[第7版]に掲載されている判例など、実務上特に重要性の高いテーマを選定し研究会を行っており、その第2回目になります。 今回は「私法上の法形式の選択と課税」に関連する判例を検討します。租税法律主義を考えるうえでも大変重要なテーマですので、多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。 日    時:令和4年3月24日(木)18:40~21:00 場  …

①税理士が知っておくべきM&A ②聴きたい!元国税職員によるぶっちゃけトーク

実務研修部

開催日 2022/02/14

今回は東京青税の新進気鋭の若手会員2人に一日でご講演頂くという豪華企画! 前半は、中小企業の後継者不足に対するソリューションの一つであるM&Aについて、税理士としてかかわる際のポイント等を牛島会員にお話し頂きます。 後半は、皆さんから募集した質問に対し、元国税専門官で現在は闘う税理士の石野会員に本音でぶっちゃけて頂こうという青税ならではのチャレンジ企画です。 実務の中でこれってどこまでやら…

税法学原論研究会 第6回 開催のお知らせ

研究部

開催日 2022/02/10

税法学原論研究会 第6回を下記要領で開催します。 今回のメインテーマは、私たちが税に係る仕事をするうえで避けては通れない「通達」を巡る諸問題の考察です。 通達は、本来行政機関の内部文書であり、国民や裁判所を拘束するものではありません。 しかし現実の税務実務においては、法と同様の機能を果たしてしまっています。 このような現状と租税法律主義との関係をどのように整理・理解すればよいのでしょうか? また、…

合格後に絶対聞いておきたい先輩税理士の話&ZOOM合格者交流会

実務研修部

開催日 2022/01/30

新合格者の皆さん税理士試験合格おめでとうございます! 合格後はこれからどうしようかといろいろ考えていることだと思います。 そこで試験合格後にどのような勉強をすると良いか。そして何をしていけば良いかを、開業した先輩税理士の実例などをもとに研修会を行います。<今年もZOOMで行います!> ◆ 日時  令和4年1月30日(日) 14時00分~16時30分 ◆ 進行  芳賀 保則 先生 (渋谷部会) ◆ …

「税理士試験には絶対に出題されない!税理士として本当に必要な知識とは?」開催のお知らせ

研究部

開催日 2022/01/18

新合格者向け研究会「税理士試験には絶対に出題されない!税理士として本当に必要な知識とは?」を下記要領で開催します。 東京青税の研究会(勉強会)を通じて学んだことが実務にこう生きる! ~税法[法律]の専門家として「闘う税理士」になるために~ 税理士は(予備校で覚えた?)「理論」(暗記力)と「計算」(計算力)を駆使して税額を計算し申告をすることを業とする、と思っていませんか? ところで税理士法第1条に…

税法学原論研究会 第5回 開催のお知らせ

研究部

開催日 2022/01/12

税法学原論研究会 第5回を下記要領で開催します。 今回は、「応能負担原則」がテーマです。 応能負担原則とは、「人々の所得および財産の大きさに応じて課税すべき」ことを要請する租税立法上の原則です。 しかし、所得税負担率は、所得金額1億円位をピークに逆に減少しています。何故、所得再分配機能が喪失したのでしょうか?  低所得者も高所得者も一律に課税される消費税を社会保障の財源にしてよいのでしょうか?  …

第71回税理士試験 合格者祝賀会のご案内

合格者祝賀会実行委員会

開催日 2022/01/08

  来る12月17日に第71回税理士試験合格者が発表される予定です。 希望に燃える新合格者を迎え、合格をお祝いするとともに青税の魅力をより多く知っていただけるよう、合格者祝賀会を下記の要領で開催いたします。   日程: 2022年 1月 8日(土曜日)  時間: 14時30分 ~ 16時40分 (受付開始  14時 ) 会場: 東京税理士会館 (住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-1…

実務に活かす税理士制度を学ぶ~「それって、懲戒処分に当たらない!?」

制度部

開催日 2021/12/18

私たち税理士が日頃行なっている実務は税理士法により規定されていますが、これって税理士法違反に該当しないかな?と迷うことはありませんか? 実務偏(実務研修部担当)と制度編(制度部担当)の2本立てでお届けします。 実務偏では、施行を控えている消費税インボイス制度と改正電子帳簿保存法に対応するうえでのポイントを取り上げます。 制度編では税理士法に抵触しない実務の進め方を皆様と一緒に考察します。 今回はN…

税法学原論研究会 第4回 開催のお知らせ

研究部

開催日 2021/12/10

税法学原論研究会 第4回を下記要領で開催します。 今回は、「実質課税の原則」がテーマです。 北野先生は実質課税の原則について、「日本税法学のいわばガン的存在だった」として徹底的に否定しています。昨今、多国籍企業や一部富裕層による行き過ぎた租税回避行為が大きな問題になっていますが、「租税回避行為の防止」「租税負担公平の実現」と「実質課税の原則」との関係についてどのように考えればよいのでしょうか? 北…