研究部

事業計画

納税者の権利を擁護する税理士として、基本的な考え方を養うため税法学や法律の理解を深める研究会等を実施、及びイベント等に参加する。

1.「税法学原論」研究会の開催(令和4年3月、4月を除く毎月)

チューター:令和3年6月11日 木村訓治会員
      令和3年6月22日 伊藤経之会員
      令和3年7月13日 武田佳奈子会員
      令和3年8月11日 倉林倭男会員
      令和3年10月15日 山口玉美会員
      令和4年2月10日頃 田上順也会員
      ※ 上記以外の月のチューターは未定(青税会員による)
オブザーバー:小池幸造会員
開催場所:東京税理士会館会議室を予定
開催時間:18時40分~21時00分
開催時期:令和4年3月、4月を除く毎月を予定(10日前後を目安)
内  容:「税法学原論 第8版」(北野弘久先生著)をもとに、会員がチューターとなり発表する。

2.その他の研究会の開催

(1) 租税法の連続基礎講座(4回)
講  師:小池幸造会員
開催場所:東京税理士会館会議室を予定
開催時間:18時30分~20時30分
開催時期:4月(予定)
内  容:租税法の基礎理論を学ぶ(主として新会員向け)
(2) 税法判例研究会(2回)
講  師:小池幸造会員、木村訓治会員
開催場所:東京税理士会館会議室を予定
開催時期:令和3年11月、令和4年3月(ともに予定)
内  容:重要性の高い税務判例を講師の方に解説をして頂くことで、税法の理解を深める。

3.その他

(1) 新合格者向け税法学入門講座(1回)
講  師:小池幸造会員
開催場所:東京税理士会館会議室を予定
開催時期:令和4年1月(予定)
内  容:新合格者祝賀会から10日以内を目安に、「税法学原論」をベースに2時間程度のダイジェスト的な講義を実施することで、租税法の連続基礎講座および税法学原論研究会への関心を高める。
(2)「納税者の権利擁護と税理士法(2020年シンポジウム論文)発表会 & 2021年シンポジウムガイダンス」の開催
開催場所:東京青税事務局およびZOOMによるオンライン併用開催
開催日時:令和3年8月3日(火)19:00~21:00
内  容:納税者の権利擁護と税理士法(2020年シンポジウム論文)の発表および2021年のシンポジウムガイダンスを行う。
(3)「シンポジウム 災害税制」に関する研究会(2回)
開催場所:未定
開催時期:令和3年8月下旬~10月(予定)
講  師:未定
(4)「災害税制」をテーマとした論文を執筆
執筆時期:令和3年9月~12月(予定)
(5)「青山学院大学の学生とのディベート大会」ガイダンスの開催
開催場所:未定
開催時期:未定
(6)「青山学院大学の学生とのディベート大会」への参加
開催場所:未定
開催時期:未定
(7)「法廷傍聴ツアー」
講  師:森章太会員(弁護士)
開催場所:東京地方裁判所
開催時期:令和3年11月(予定)
内  容:現実の裁判を傍聴することで司法・行政について直接に触れる機会を創る。傍聴後に傍聴した裁判の概略や司法手続きについて解説を受ける予定(事前申込制を予定)
(8) 過去の研究会等の資料の保存方法、保存期間を定め、整理・データ化を順次行う。

News & Topics